妻の家族への報告

産婦人科に戻ったら報告がありますと妻の母へメールを打ち、山王病院を後にしました。

 

車の中では

スポンサーリンク

 

「どうやって報告する?」 「明るく報告したほうがいいよね?」 「かわいがってくれるかな?」

 

報告の方法を話し合うだけではなく、待望の孫に対して失望する両親を想像していました。

 

産婦人科に着くと、待合室に心配そうな表情を浮かべている家族3人。

 

3人とは お義父さん お義母さん 妻の妹 むむう・・・・緊張がピークに・・・

 

妻の妹なんて、何も話していないのにもう号泣してました(^^;

 

 

とりあえず部屋に戻り、妻から重い報告が始まりました。

 

「心して聞いてよ、昨日産まれた子は・・・ダウン症の疑いがあるんだって」

 

・・・・絶句・・・・・

 

そりゃそうなりますよね。うちの実家と同じです。

 

一つ一つ言葉を選びながらお義母さんからフォローの言葉がでてきます。

 

妹は泣きながら、フォローをしてくれます。

 

お義父さんは・・・・・・・相変わらず寡黙でカッコいい。

 

この日はかなり暗ーーーく一日が終わりました。

 

しかしやっぱり孫は格別みたいですね。

 

3か月後には

 

「きゃわいいきゃわいい」

 

「どの子を見ても、うちの孫が一番かわいいの!」

 

うーん、孫ってすごい。

 

 

家族の心配つゆしらず。あくびするアップ君

 

P9113130

↓ぜひ応援クリックお願いします!
ダウン症ブログランキング
スポンサーリンク
Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です