「子供の歯のお話」を聞いてきた ダウン症児の歯の矯正は保険適用!

子供の歯の話しアイキャッチ

皆さん、子供の歯磨きしっかりできていますか?

アップ君はしっかり歯ブラシできている!と思っていたのですが、今までやってきた歯ブラシは効果の薄い方法だったようです。

スポンサーリンク

 

先日お伝えした通り、歴史あるダウン症親の会「STEP」で歯のお話を聞いてきました。

歯に関する知識がほとんどないアップ君パパだったので、もう新鮮で驚きの連続。

今日は講演の内容を一部共有します。ぜひ子供への歯ブラシ方法を変えてみてください。

 

勉強会の様子

今回勉強会を担当してくれたのは、歯科医の先生二人、歯科衛生士の方一人。3人ともダウン症児を育てるパパママさん達。

子供の歯の話 勉強会

やっぱりダウン症児の歯に関して色々と調べておられて、知識に裏付けされた話し方は説得力ありますね。障害者に強い歯科医師が近くにいると、色々と安心できます。

 

話を聞いてる時、ふとアップ君を見ると↓

STEP アップ君が立ってた

た・・・立っとる!家じゃ全く披露しないのに、人が大勢いる場で披露する。そのお調子者っぷりなんとかならんかね。目立ちたがり屋確定です(^^;

 

歯磨きの方法

勉強会で御話いただいた内容の一部を記載します↓

 

フロス(糸ようじ)を使う

まずはデンタルフロス(糸ようじ)を子供にも使う事と、子供用デンタルフロスを紹介してもらいました。

IMG_8282 (1)

 

IMG_1381

 

子供にまでデンタルフロスが必要だったとは。早速Amazonで注文してやりましたよ!これから毎日歯磨きにデンタルフロスを追加します、妻が(笑)。

 

ちなみに説明うけている時、妻が横から小声で聞いてきました。

デジタルフロスってなに?」 私も小声で答えてやりましたよ、「電子糸ようじの事やで」「そうなんだ初めて知った!」と喜んでる天然妻が可愛い(^^;

 

フッ素歯磨き粉を使う

歯医者さんで定期的にフッ素を塗ってもらう人も多いはず。

しかし普段からフッ素濃度の低い歯磨き粉を使って歯磨きすると、虫歯に強い歯になるとの事。

勉強会で紹介されていた歯磨き粉がこちら↓

IMG_8281

 

フッ素には濃度があって、歯医者では9,000PPMぐらいの濃度、毎日使う歯磨き粉は1,000ppm以下しか売っていないよう。

「やばい!うちの歯磨き粉、濃度1,500PPMくらいあったような!」と心配している妻。

家に帰って、子供達用に使っている歯磨き粉を見てみると↓

フッ素入り歯磨き粉

 

しっかりフッ素が500PPM入っていました(笑)。

 

子供の歯磨きをする時の工夫

  • なぜ歯磨きをするのか、絵本や動画を使って理解させる
  • 鏡を見ながら磨く ⇒口の中に興味を持たせる
  • 数を数えながら磨く ⇒先の見通しを立てる
  • ご褒美作戦 ⇒磨いたらキシリトールタブレットあげる等

 

他にも歯の磨き方や”あいうべ体操”の事など、情報満載の勉強会で参加者大満足だったと思います。

心臓疾患を持つ子にとって、虫歯は天敵。絶対に虫歯にさせない気合いと、正しい歯磨きで虫歯菌から子供達を守りましょう!

 

天敵と言えば・・・

さて今日もやってまいりました、アップ君の天敵”Mochaちゃん”(笑)。屈託のない笑顔が天使のようで、人懐っこくて、可愛さ満点のMochaちゃん。みんなのアイドルです。

MOCHAちゃん

 

彼女に顔を引掻かれてからと言うもの、Mochaちゃんを見るだけで号泣するアップ君。近づいてきたら全力で逃げ出す始末。

 

後ろからそっと忍び寄る影に気付いていない↓

IMG_8279

 

この後アップ君がどうなったのか・・・言うまでもありません。負けるなアップ君!


↓ぜひ応援クリックお願いします!
ダウン症ブログランキング
スポンサーリンク
Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です