天国でも見守っていてください おばあちゃん、ありがとう

久々の更新になります。

今日は少し暗い内容なので、興味なければ飛ばしてください。

スポンサーリンク

 

先週金曜日、祖母が天国へ旅立ちました。前日も元気に過ごしていたみたいなので、まさかもう会えなくなるなんて思っていませんでした。

 

私は父子家庭だった時期があり、母親そのものだった祖母。小さい頃から週末は欠かさず祖母の家に泊まっていて、そこにいて当然と思っていた祖母が亡くなりました。

 

料理が苦手だった祖母が作ってくれる晩御飯はいつも”すき焼き”。毎週遊びに来る孫に、毎週作ってくれていました。それでも私の好物は今でも”すき焼き”。”すき焼き”を食べると祖母を思い出し、祖母の味付けに変えてしまいます。

 

大阪には”ひらかたパーク”という遊園地があり、近所に住んでいた私たちをよく連れて行ってくれました。菊人形展が怖くて怖くて、泣いて帰っていたのを今でも覚えています。

 

 

京都の大文字焼きを見に連れて行ってくれた時、山一つ間違えていて、人が全くいない草むらでのんびり、奥の山から出ている煙を見て喜んでいました。

 

思い出がありすぎて、うまく書けません。今思えば幼少期は、祖母との思いでばかりです。

 

いつでも会えると思って、なかなか会いに行かなかった事を後悔しています。

 

訃報を知った時震えが止まらず、とても体が重く感じ、自分が自分でないような感覚。

 

すぐアップ君含め家族全員で関西に戻り、家族会議とお葬式。お通夜で久しぶりに会った祖母はとても綺麗な顔で、今にも起き上がりそうな生き生きとした肌と表情で、もう会えないなんて到底思うはずもありません。家に遊びに行ったら、いつも通りコーヒーを入れてくれて、沢山のお菓子を出してくれる、そんなイメージが頭から離れません。

 

しかし告別式で喪主の父が「できの悪い息子でした、でもとてもできた親でした。ありがとう!」と挨拶をした時から、小さい頃の思い出が走馬灯のように頭に流れ、涙が止まりません。出棺の時、もう顔を見られなくなると思うと、逆に顔を見れません。

 

去年のお正月、ダウン症の息子を「可愛い!可愛い!」と遊んでくれた祖母。その息子は今も元気に成長しています。天国からも見守っていてください。

 

お婆ちゃんありがとう!恩返しできなかったのが心残りだけど、受けた恩は娘と息子に返していきます。おじいちゃんと一緒に天国で元気にすごしてください!


↓ぜひ応援クリックお願いします!
ダウン症ブログランキング
スポンサーリンク
Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング

6 件のコメント

  • こんばんは。
    お祖母様との別れ、寂しいですね。
    そして、お綺麗なお顔だったとのこと。安らかな気持ちで最期まですごされたのでしょうか。 パパさんが沢山の思い出を大事にされていて、奥様、アップ君やお姉ちゃんをはじめ、素敵な家族に巡り会われたこと、お祖母様喜んでらっしゃったんじゃないかと思いました。
    お祖母様のご冥福をお祈り申し上げます。

    私の主人の祖母の話ですが、長く入院しており、最近容態が悪く、いーこを連れて病院を訪ねたばかりだったので、何だか他人事ではない気持ちになり、コメントさせてもらいました。
    結婚前に主人の祖父母・主人・私でドライブし、海沿いのレストランで食事したことが思い出され、現状との差に愕然としました。
    病院や介護のこと、家族のこと、そして、これから何ができるんだろうか、とても考えさせられます。

    気持ちが沈んでらっしゃると思いますが、お体には気をつけてお過ごし下さい。

    • いーこママさん

      コメントありがとうございます。
      祖父母とドライブなんて、素敵な思い出ですね。たぶんたっぷりの愛を旦那様&いーこママさんに注いでいたのだと想像できます。
      私の祖母の場合、急死だったので心の準備もなく、看病もできずで、なにか心にモヤモヤが残っています。
      「お婆ちゃんにあと何回会えるのかな?」
      と考えていた矢先だったので、後悔がそのモヤモヤの正体なのかもしれません。

      先日鹿児島出張に行った時はとても肌寒かったので、いーこママさんもお体には気をつけて!

  • おばあちゃん、大好きな孫(アップくんパパ)と毎日過ごせて楽しかったんだろうなぁ。
    しかもこんなかわいいアップくんにまで会えて、超幸せだったね。

  • パパさん、おばあちゃんはこれからもそばに居てくれていると思います。
    私の祖母も他界しています。
    だけど、時々来てくれているのを娘が知らせてくれます。

    先日、パンの耳を揚げた砂糖まぶしを、娘に初めて作っている時、心の中で(おばあちゃんよく作ってくれたなぁ、おいしかったよ)と思っていたら、娘が突然「おばあちゃん!」と言いました。
    父や母の事はじいじばあばなので、あ、おばあちゃん来てくれてるんだと思いました。

    私は霊感強くないので、姿などは見えませんが、見守ってくれていると信じています。

    こちらからはみえませんが、パパさんを育ててくれたおばあちゃんなら、きっとそばにいます。
    これからもたくさん話しかけて下さい。

    • 藤原さん

      祖母は典型的な大阪のお婆ちゃんで、亡くなるまでずっと喋っていました。
      たぶん近くまで遊びに来てくれたら、霊感のない私でもうるさくて気付くと思います。

      お通夜の時、アップ君がずっと誰もいない方向へバイバイしていました。
      もしかしたらそこに祖母がいたのかもしれませんね。

      とにかく孫が大好きな祖母だったので、きっと近くで見守ってくれていると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です