特別児童扶養手当もらえる?所得制限を考える

みなさん特別児童扶養手当もらえていますか?2級で約3.3万円/月、1級で約5万円/月

 

かなり大きいですよね。しかしこの手当には所得制限があり、その所得を超えると支給停止!

スポンサーリンク

 

メールマガジンを新しく導入しました!

ダウン症情報だけでなく、日々の生活に役立つ情報を配信予定です。

ぜひ登録お願いします!

↓Down and UP 無料メルマガ

迷惑メール対策をされている方は、 設定の変更をお願いいたします。
ドメイン指定受信を設定している方は、下のドメインを指定してください。
downsyndrome.sub.jp

いやいや、かなり高所得の人じゃないと支給停止なんてされないんでしょ?

 

確かに高所得には変わりないのですが、支給停止されている方は沢山いらっしゃいます。

 

しかも支給停止されると、当然ながら支給額は0円です。ですので所得制限額を1円でも超えてしまうと、1級だと60万円もの年収減となるのです。

※児童手当は所得制限を超えても5,000円は支給される。

 

貰えるか貰えないか瀬戸際の人は意識するとコントロールできるかもしれませんので、知っていて損ない情報かと思います。

 

今回はサラリーマンの場合限定で書きます。少しややこしいと思いますが解説していきたいと思います。

 

家族の所得は合算しない

共働きの世帯でよく質問が多いのが ”旦那と私の収入を合計するのですか?”

 

NO!!一家で一番稼ぎがいい人の収入で決まります。

 

例えばこの場合

夫500万円 妻400万円だった場合、夫の500万円で判定します。合計900万円で計算することはありません。

 

収入所得課税所得の違いを理解する

一番ややこしいのが収入と所得と課税所得。ここが理解できれば9割理解したも同然!

収入 = お給料の総額

大概お給料明細に書かれてあるので確認してみましょう。

 

所得 = 収入 - 給与所得控除

給与所得控除を記載しておきます。

給与額 給与所得控除額
1,800,000円以下 収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超 3,600,000円以下 収入金額×30%+180,000円
3,600,000円超 6,600,000円以下 収入金額×20%+540,000円
6,600,000円超 10,000,000円以下 収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超 15,000,000円以下 収入金額×5%+1,700,000円
15,000,000円超 2,450,000円(上限)

 

例えば年収500万円の人の所得はいくらですか?

500万円 × 20% + 540,000円 = 154万円(給与所得控除)

500万円 - 154万円 = 346万円 ←こやつが所得になります。

 

 

課税所得 = 所得 - 各種所得控除

その他の控除の額は人により異なります。

奥様の稼ぎが103万円以下の場合 : 38万円の配偶者控除

子どもが障害者(療育手帳B)の場合 : 27万円の障害者控除

子どもが障害者(療育手帳A)の場合 : 40万円の特別障害者控除

生命保険に加入している場合 : 生命保険料控除

等々

 

ここまで理解できればあとは簡単です。

 

所得制限の額はこちら

扶養親族 本人 扶養義務者
   0人 4,596,000円 6,287,000円
   1人 4,976,000円 6,536,000円
   2人 5,356,000円 6,749,000円
   3人 5,736,000円 6,962,000円
   4人 6,116,000円 7,175,000円
   5人 6,496,000円 7,388,000円
   6人~ 1人増すごと380,000円加算 1人増すごと213,000円加算

本人とは、特別児童扶養手当を受け取る親の事です。障害者ではありませんのでご注意を!

 

さきほどの”所得”を思い出してください。それに下の金額を引いて下さい。それが所得制限に関係してくる金額です。

所得 - 8万円 - 障害者控除(Bなら27万円:Aなら40万円)

 

夫:750万円 妻:250万円 障害者の子どもが1人

※扶養人数が1人になります。

 

750万円 × 10% + 120万円 = 195万円 ←給与所得控除

750万円 - 195万円 - 8万円 - 27万円 = 520万円

 

所得制限を超えてしまいました。特別児童扶養手当は支給停止となります。

 

特別児童扶養手当は20歳になるまでもらえる!

まだ子どもが小さい頃は所得制限にひっかかる事はないと思います。しかし子どもが15歳の時に旦那様は何歳ですか?

 

50歳前後になったら年収も上がり所得制限に引っかかるかも。そこも視野に入れて人生設計する必要があります。

 

おじいちゃんや、ひいおじいちゃんがお金持ちの場合は注意!

所得をみるのは障害者の父母だけにあらず!扶養義務を負っているのはおじいちゃんやひおじいちゃんの所得を見られることもあります。

 

児童手当と所得制限の額は違います

特別児童扶養手当の所得制限と、児童手当の所得制限は約150万円程ちがいます。(児童手当のほうが高い)

児童手当はもらえても、特別児童扶養手当はもらえない。なんてこともあります。

 

 

ここまで書いてきましたがいかがでした?

なかなか所得制限がかかる事はないと思いますが、ギリギリの人は対策をしても良いかもしれません。

 


↓ぜひ応援クリックお願いします!
ダウン症ブログランキング
スポンサーリンク
Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング

13 件のコメント

  • 文中の計算式で

    750万円 - 195万円 - 8万円 - 27万円 = 520万円

    の、8万円はどこからやって来るのでしょうか?

    • くまさん

      8万円は社会保険料控除になります。

      特別児童扶養手当の所得制限における”所得”を計算する時、様々な控除があります。
      給与所得控除や障害者控除、そして社会保険料控除があります。

      本来は払った金額そのままの”相当額”とする場合が多いのですが、特別児童扶養手当においては8万円の固定になります。

      東京都福祉保健局のHPを参照してください。
      http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shinsho/teate/toku_ji.html

  • 上記説明の中で、
    『 生命保険に加入している場合 : 生命保険料控除 』
    とありますが、生命保険料控除は社会保険料控除とあわせて8万円の固定に含まれます。
    計算の中に8万円があらかじめ計上されているので、生命保険料控除を別で記載するのは不自然な気がします。
    表現の仕方で誤解される方もいらっしゃるかと思いコメントさせていただきました。

  • 追記:生命保険料控除については『課税所得』の説明として出てきているだけなので
    上記説明が間違っているわけではありません。

    • ぼくとかあさん さん

      コメントありがとうございます。
      しかもフォローコメントまでいただき、お人柄の温かさを感じます。

      確かにおっしゃる通り、生命保険料控除と社会保険料控除の二つで8万円と解りづらいので、気を使いながら書いた覚えがあります。

      また解りづらい点やご指摘いただける点がありましたら、コメントいただけると幸いです。

  • 質問させていただきます。
    現在、養育費だけで生活しております。
    その場合はどのような計算方法になりますでしょうか。

    • まきこさん

      返信遅くなり申し訳ございません。
      数日体調不良でダウンしておりました。

      養育費にかんしてですが、養育費は所得にはなりません(月々もらった場合)。なので養育費だけで生活のなら特別児童扶養手当は支給されるはずです。

      しかし注意なのが、児童扶養手当です。シングルになった場合もらえる児童扶養手当と特別児童扶養手当では違う要件になると私は記憶しています。私の記憶が正しければ、児童扶養手当は養育費の8割がまきこさんの所得制限の範囲にプラスされるはずです。

      制限を超えていなくても、離別の場合は元夫の所得が超えておれば、児童扶養手当は貰えなくなる可能性はある気がします。

      詳しくは各自治体に問い合わせてください。
      すいません、中途半端な回答で。

  • こんにちわ。
    質問させてください。
    以前、児童扶養手当とは違い、特別児童扶養手当の場合、養育費は所得としないとのコメントを拝見しました。
    それがかなり高額な養育費でも変わりませんか?(月々受け取り)
    また、障害者福祉金についてはどうでしょうか?

    • こんにちは。
      詳しくは税務署や自治体に聞いてください。養育費に関する税関係は少し疎くて・・・

      もし高額の養育費の場合は課税(贈与税かな?)されそうなきがします。子供の養育に関わる費用までが課税されないだったような。
      だって、旦那様がもう所得税を払っているので、奥様の養育費にも課税されたら二重課税になってしまいます。
      特別児童扶養手当の所得制限に関しても、その考え方が適用されるかも・・・すいません、わからないので税務署等に問い合わせてみてください。

      ただ離婚後も元旦那様は子供の扶養義務者となるので、そちらの所得制限に引っかかるかもしれません。

      障害者福祉金は市の制度だと思うので、お住いの地域で変わってきます。

    • こんにちは。
      詳しくは税務署や自治体に聞いてください。養育費に関する税関係は少し疎くて・・・

      もし高額の養育費の場合は課税(贈与税かな?)されそうなきがします。子供の養育に関わる費用までが課税されないだったような。
      だって、旦那様がもう所得税を払っているので、奥様の養育費にも課税されたら二重課税になってしまいます。
      特別児童扶養手当の所得制限に関しても、その考え方が適用されるかも・・・すいません、わからないので税務署等に問い合わせてみてください。

      障害者福祉金は市の制度だと思うので、お住いの地域で変わってきます。

  • 今年、2月に8歳の子供が発病し、つい先日8月に1級障害者認証されました。5月に病院のすすめで特別児童扶養手当の申請をしましたが、申請にあたり(特別)障害者控除27-40万円が適用されるのは来年8月以降=平成29年度収入から?と聞きました。新規で申請する時(H29.5頃)がリフォームなどでお金が入り用なのに、まだまだ先の来年から控除適用とは…このタイムラグに疑問を感じてます。
    申請時、障害認定となっているので申請時新たに控除が追加では無い?都合のよい考えでしょうか

    • う〜ん、制度としてルールが決まっているので仕方がないと感じます。

      ちなみに年末調整で所得税は還付されますよ。住民税はそもそも昨年の所得から計算されています。
      なので、今年の障害者控除が受けられないというのは、少し違います。今年から障害者控除は適用されると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です