ダウン症者に経営者がいる!レストランを経営するダウン症者の紹介

ダウン症の方々は総じて数字に弱いと言われています。

 

なので普段のお金の取り扱いも難しいのに、会社を経営するなんて夢のまた夢・・・・

スポンサーリンク

 

と思ったら世界にはダウン症者でありながら、会社を経営する強者がいるのです。

 

Tim Harris

ダウン症,経営者,ティムハリス,ブログ

 

彼は笑顔の絶えないレストランを経営するのが夢で、小さい頃から家族とその計画を建てていました。

 

2010年その夢を現実の物とします。家族のサポートを受け、Tim’s Placeをオープンしたのです。

http://www.timsplace.com/

[adsense]

このレストランのコンセプトが「世界一フレンドリーなレストラン」

 

この動画を見ればTim’s Placeの雰囲気がわかるとおもいます。

 

ダウンちゃんらしいレストランだと思いません?

 

そして彼の誕生日が全米ハグの日(1月21日)だと知り、素敵なイベントを思いつきました。

 

Hug-A-Thon(ハグマラソン)を数日間実施し、約1,000人とのハグ&6,000ドル以上の寄付が集まりました。

 

先日ダウン症写真展に行った時も思いましたが、本当にダウン症の可能性って大きいんだなと感じます。

 

一度Tim’s Placeに行ってハグしてもらいたい!と思いながらお姉ちゃんにハグしに行ったら・・・

 

「もーやめて!」と言われてしまいました。

 

我が家のフレンドリーは一体どこに?


↓ぜひ応援クリックお願いします!
ダウン症ブログランキング
スポンサーリンク
Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング

2 件のコメント

  • 私の友達の息子さんの学校にダウンちゃんも通学してるらしく、友達の息子さんよりも計算が早いらしいよー。好きな事はとことんきつ進めるらしい。素晴らしい!

  • あっぴょん

    ほう、それは興味深い。
    好きこそものの上手なれ
    お金の計算ができないと生活は難しいからな〜。やればできるんやね。
    俺の子供やからお金の計算は早いと思うけど(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です