Q&A

ダウン症の基本情報に関して

甲状腺障害

甲状腺ホルモンが上手に分泌できなかったり、甲状腺ホルモンの分泌を促進する甲状腺刺激ホルモン(TSH)がうまく分泌できなかったり、異常の内容は様々です。しかし注意点は甲状腺障害があるダウン症児は心身ともに発育が急激に低下する傾向にあります。知的障害・低身長症・免疫障害等々、発育の遅れも多岐にわたります。しかし甲状腺ホルモン薬を投与することにより、かなりの改善が見られます。一生ホルモン薬を飲み続けなければならない人もいれば、ホルモンバランスが安定する人もいます。ドクターと相談しながら薬を調整していく必要があります。

房室中隔欠損症

簡単に書くと左心房・左心室・右心房・右心室の間を隔てる壁に穴が開いている状態です。左心室と右心室・左心房と右心房、それぞれの間に襖のような仕切りがあるのですが、そこにも欠損が確認されるので、手術によりその襖の形成をする事となります。

動脈管開存│PDA

赤ちゃんはお母さんのお腹にいる時肺で呼吸をしていません。なので血液を肺に送る必要がないので、動脈管という管を使い、肺を経由せず全身に血液を送っています。通常産まれてから数時間、長くても2週間程度で動脈管は塞がります(稀に1か月半程経ってから閉じるケースもあるようです)。しかしこの動脈管が塞がらず、心臓から排出された血液が動脈管から肺や全身に送られることにより負荷がかかる症状です。PDAとも呼ばれています。心不全や細菌性心内膜炎を起こしやすいので、抗生物質等で感染予防が必要です。自動閉鎖しなければ時機を見て手術で閉じる事となります。

心房中隔欠損│ASD

心室中隔欠損と同様に、左心房と右心房を隔てている筋肉の壁に穴が開いている状態です。全身を回って汚れた血を受け取るのが右心房。肺できれいになった血を全身に送るのが左心房ですが、その間に穴が開いているので、左心房(綺麗な血)から右心房(汚れた血)へ逆流が起こります。本来全身に送られる綺麗な血が少ないので、通常より少ない血で全身を動かすことになります。さらには肺に通常より多くの血が送られるので、血管を傷つけると言われています。心室中隔欠損と同様に自動閉鎖(勝手に穴が塞がる)しますが、1cmを超える穴だと自動閉鎖の可能性はかなり落ちるようです。塞がらなければ最終的に手術を受けて閉じる事となります。私の息子も心臓に穴が開いていましたが、今は信じられない程元気です。

心室中核欠損

心臓の左心室と右心室を隔てている筋肉の壁に生まれつき穴が開いているため、左心室から右心室へ血液が漏れてしまう病気。簡単に言うと、心臓に穴が開いている状態です。先天性の心疾患の中で一番多い病気で、ダウン症児でなくとも多くの子供たちがこの病気を持って産まれてきます。ほとんどのケースで半年以内には自動閉鎖(勝手に穴が塞がる)しますが、心不全状態が重い子供たちは手術も必要になります。しかし現在の医療技術によって95%以上の確率で穴を塞ぐことができます。あんなに小さい赤ちゃんの心臓を治せるなんて、医療ってすごいですね!

ダウン症の外見的な特徴は?

目が離れている・顔が平べったい・目が吊り上がっている・皮膚が柔らかい・手相に猿線がある・二重まぶた・舌が大きい・手の小指の関節が一本・後頭部が偏平・耳の奇形・手足が短い 等々判断材料とされる特徴は沢山あります。

ダウン症の種類は?

21番トリソミー・転座型・モザイク型の3つのタイプがほとんどです。(13番や18番トリソミーの方も稀ではありますがいらっしゃいます)

全体の93%が21番トリソミーで、一般的なダウン症と言った認識があります。ちなみにモザイク型が一番症状が軽いと言われています。

ダウン症は治るのですか?

現在の医学では治りません。一本多い染色体を抜くことはできません。しかしアメリカのマサチューセッツ大医学部のローレンス教授がある実験を成功させ、論文を発表されました。その発表が・・・ “通常より1本多い染色体の働きをほぼ止めることに成功”というものです。もしかしたら将来治るようになるのかもしれませんね。

早期療育は生後何か月からすればいいの?

早ければ早いほど効果は高い”と研究結果が出ています。ダウン症だと診断されたらすぐにでも始めるべきだと言う事です。

私の息子が本格的に療育を受け始めたのが、6か月目ぐらいからですね。

ダウン症は病気ですか?特徴ですか?

あなたはどう思いますか?あなたが病気と思えば病気です。特徴と思えば特徴です。病は気から”とは少し違いますが、あなたのとらえ方次第だとおもいます。 ちなみに私は”病気”ととらえています。

 

ダウン症の早期療育に関して

甲状腺障害

甲状腺ホルモンが上手に分泌できなかったり、甲状腺ホルモンの分泌を促進する甲状腺刺激ホルモン(TSH)がうまく分泌できなかったり、異常の内容は様々です。しかし注意点は甲状腺障害があるダウン症児は心身ともに発育が急激に低下する傾向にあります。知的障害・低身長症・免疫障害等々、発育の遅れも多岐にわたります。しかし甲状腺ホルモン薬を投与することにより、かなりの改善が見られます。一生ホルモン薬を飲み続けなければならない人もいれば、ホルモンバランスが安定する人もいます。ドクターと相談しながら薬を調整していく必要があります。

房室中隔欠損症

簡単に書くと左心房・左心室・右心房・右心室の間を隔てる壁に穴が開いている状態です。左心室と右心室・左心房と右心房、それぞれの間に襖のような仕切りがあるのですが、そこにも欠損が確認されるので、手術によりその襖の形成をする事となります。

動脈管開存│PDA

赤ちゃんはお母さんのお腹にいる時肺で呼吸をしていません。なので血液を肺に送る必要がないので、動脈管という管を使い、肺を経由せず全身に血液を送っています。通常産まれてから数時間、長くても2週間程度で動脈管は塞がります(稀に1か月半程経ってから閉じるケースもあるようです)。しかしこの動脈管が塞がらず、心臓から排出された血液が動脈管から肺や全身に送られることにより負荷がかかる症状です。PDAとも呼ばれています。心不全や細菌性心内膜炎を起こしやすいので、抗生物質等で感染予防が必要です。自動閉鎖しなければ時機を見て手術で閉じる事となります。

心房中隔欠損│ASD

心室中隔欠損と同様に、左心房と右心房を隔てている筋肉の壁に穴が開いている状態です。全身を回って汚れた血を受け取るのが右心房。肺できれいになった血を全身に送るのが左心房ですが、その間に穴が開いているので、左心房(綺麗な血)から右心房(汚れた血)へ逆流が起こります。本来全身に送られる綺麗な血が少ないので、通常より少ない血で全身を動かすことになります。さらには肺に通常より多くの血が送られるので、血管を傷つけると言われています。心室中隔欠損と同様に自動閉鎖(勝手に穴が塞がる)しますが、1cmを超える穴だと自動閉鎖の可能性はかなり落ちるようです。塞がらなければ最終的に手術を受けて閉じる事となります。私の息子も心臓に穴が開いていましたが、今は信じられない程元気です。

心室中核欠損

心臓の左心室と右心室を隔てている筋肉の壁に生まれつき穴が開いているため、左心室から右心室へ血液が漏れてしまう病気。簡単に言うと、心臓に穴が開いている状態です。先天性の心疾患の中で一番多い病気で、ダウン症児でなくとも多くの子供たちがこの病気を持って産まれてきます。ほとんどのケースで半年以内には自動閉鎖(勝手に穴が塞がる)しますが、心不全状態が重い子供たちは手術も必要になります。しかし現在の医療技術によって95%以上の確率で穴を塞ぐことができます。あんなに小さい赤ちゃんの心臓を治せるなんて、医療ってすごいですね!

ダウン症の外見的な特徴は?

目が離れている・顔が平べったい・目が吊り上がっている・皮膚が柔らかい・手相に猿線がある・二重まぶた・舌が大きい・手の小指の関節が一本・後頭部が偏平・耳の奇形・手足が短い 等々判断材料とされる特徴は沢山あります。

ダウン症の種類は?

21番トリソミー・転座型・モザイク型の3つのタイプがほとんどです。(13番や18番トリソミーの方も稀ではありますがいらっしゃいます)

全体の93%が21番トリソミーで、一般的なダウン症と言った認識があります。ちなみにモザイク型が一番症状が軽いと言われています。

ダウン症は治るのですか?

現在の医学では治りません。一本多い染色体を抜くことはできません。しかしアメリカのマサチューセッツ大医学部のローレンス教授がある実験を成功させ、論文を発表されました。その発表が・・・ “通常より1本多い染色体の働きをほぼ止めることに成功”というものです。もしかしたら将来治るようになるのかもしれませんね。

早期療育は生後何か月からすればいいの?

早ければ早いほど効果は高い”と研究結果が出ています。ダウン症だと診断されたらすぐにでも始めるべきだと言う事です。

私の息子が本格的に療育を受け始めたのが、6か月目ぐらいからですね。

ダウン症は病気ですか?特徴ですか?

あなたはどう思いますか?あなたが病気と思えば病気です。特徴と思えば特徴です。病は気から”とは少し違いますが、あなたのとらえ方次第だとおもいます。 ちなみに私は”病気”ととらえています。

 

 ダウン症の合併症に関して

甲状腺障害

甲状腺ホルモンが上手に分泌できなかったり、甲状腺ホルモンの分泌を促進する甲状腺刺激ホルモン(TSH)がうまく分泌できなかったり、異常の内容は様々です。しかし注意点は甲状腺障害があるダウン症児は心身ともに発育が急激に低下する傾向にあります。知的障害・低身長症・免疫障害等々、発育の遅れも多岐にわたります。しかし甲状腺ホルモン薬を投与することにより、かなりの改善が見られます。一生ホルモン薬を飲み続けなければならない人もいれば、ホルモンバランスが安定する人もいます。ドクターと相談しながら薬を調整していく必要があります。

房室中隔欠損症

簡単に書くと左心房・左心室・右心房・右心室の間を隔てる壁に穴が開いている状態です。左心室と右心室・左心房と右心房、それぞれの間に襖のような仕切りがあるのですが、そこにも欠損が確認されるので、手術によりその襖の形成をする事となります。

動脈管開存│PDA

赤ちゃんはお母さんのお腹にいる時肺で呼吸をしていません。なので血液を肺に送る必要がないので、動脈管という管を使い、肺を経由せず全身に血液を送っています。通常産まれてから数時間、長くても2週間程度で動脈管は塞がります(稀に1か月半程経ってから閉じるケースもあるようです)。しかしこの動脈管が塞がらず、心臓から排出された血液が動脈管から肺や全身に送られることにより負荷がかかる症状です。PDAとも呼ばれています。心不全や細菌性心内膜炎を起こしやすいので、抗生物質等で感染予防が必要です。自動閉鎖しなければ時機を見て手術で閉じる事となります。

心房中隔欠損│ASD

心室中隔欠損と同様に、左心房と右心房を隔てている筋肉の壁に穴が開いている状態です。全身を回って汚れた血を受け取るのが右心房。肺できれいになった血を全身に送るのが左心房ですが、その間に穴が開いているので、左心房(綺麗な血)から右心房(汚れた血)へ逆流が起こります。本来全身に送られる綺麗な血が少ないので、通常より少ない血で全身を動かすことになります。さらには肺に通常より多くの血が送られるので、血管を傷つけると言われています。心室中隔欠損と同様に自動閉鎖(勝手に穴が塞がる)しますが、1cmを超える穴だと自動閉鎖の可能性はかなり落ちるようです。塞がらなければ最終的に手術を受けて閉じる事となります。私の息子も心臓に穴が開いていましたが、今は信じられない程元気です。

心室中核欠損

心臓の左心室と右心室を隔てている筋肉の壁に生まれつき穴が開いているため、左心室から右心室へ血液が漏れてしまう病気。簡単に言うと、心臓に穴が開いている状態です。先天性の心疾患の中で一番多い病気で、ダウン症児でなくとも多くの子供たちがこの病気を持って産まれてきます。ほとんどのケースで半年以内には自動閉鎖(勝手に穴が塞がる)しますが、心不全状態が重い子供たちは手術も必要になります。しかし現在の医療技術によって95%以上の確率で穴を塞ぐことができます。あんなに小さい赤ちゃんの心臓を治せるなんて、医療ってすごいですね!

ダウン症の外見的な特徴は?

目が離れている・顔が平べったい・目が吊り上がっている・皮膚が柔らかい・手相に猿線がある・二重まぶた・舌が大きい・手の小指の関節が一本・後頭部が偏平・耳の奇形・手足が短い 等々判断材料とされる特徴は沢山あります。

ダウン症の種類は?

21番トリソミー・転座型・モザイク型の3つのタイプがほとんどです。(13番や18番トリソミーの方も稀ではありますがいらっしゃいます)

全体の93%が21番トリソミーで、一般的なダウン症と言った認識があります。ちなみにモザイク型が一番症状が軽いと言われています。

ダウン症は治るのですか?

現在の医学では治りません。一本多い染色体を抜くことはできません。しかしアメリカのマサチューセッツ大医学部のローレンス教授がある実験を成功させ、論文を発表されました。その発表が・・・ “通常より1本多い染色体の働きをほぼ止めることに成功”というものです。もしかしたら将来治るようになるのかもしれませんね。

早期療育は生後何か月からすればいいの?

早ければ早いほど効果は高い”と研究結果が出ています。ダウン症だと診断されたらすぐにでも始めるべきだと言う事です。

私の息子が本格的に療育を受け始めたのが、6か月目ぐらいからですね。

ダウン症は病気ですか?特徴ですか?

あなたはどう思いますか?あなたが病気と思えば病気です。特徴と思えば特徴です。病は気から”とは少し違いますが、あなたのとらえ方次第だとおもいます。 ちなみに私は”病気”ととらえています。

↓ぜひ応援クリックお願いします!
ダウン症ブログランキング
スポンサーリンク
Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング