バディウォーク関西 in 大阪 初の大阪開催は大成功!参加者数がすごいことに!アップ君へのファンレターもすごい

2018年10月28日、関西に引っ越してから1年間、ずっとみんなで準備を進めていたバディウォーク関西 in 大阪が開催されました!

ここまでこぎつけられたのも、参加された方、協力いただいた方、応援してくれた方、みなさまのおかげです。本当にありがとうございます。

 

開催するにあたり、色々な壁にあたり、実行委員会メンバーみんなと周りの協力でその壁を乗り越えてきました。そんなバディウォークだったので、終わった後の達成感は想像を超えました。

今日はそんなバディウォーク関西 in 大阪の様子を共有させてください。このバディウォークの活動が、ダウン症の理解に繋がり、みんながより笑顔で過ごせる日々がきますように😊

ボランティア&出演で214名の方々にご協力いただきました。本当にありがとうございます。
そして2,000名を超える来場者数!もう感謝の気持ちが溢れ出ています(涙)

 

BW関西の始まり

去年の10月に関西でもバディウォーク ができないかな?と集まった4家族。その時のブログがこちらです↓

関西でなんかイベントできないかな〜 とりあえず集まってみる

2017.10.03

 

スタートはここからでしたが、幸いにもアップ君の歓迎会の時に「バディウォークをやりたい!」という熱い家族が沢山いたので、すぐにプロジェクトはスタートしました。

どこで開催する?いつ開催する?何にも決まっていない中、一つ一つを決定していき徐々に形になっていたバディウォーク関西。

そして2018年6月1日、ついに情報解禁で出したブログがこちら↓

【重大発表】Buddy Walk®︎が大阪でついに開催される!10月28日お会いしましょう

2018.06.01

この時まだまだ決まっていないことが多く、”開催して大丈夫か?”って思っていたメンバーがいたかもしれません(汗)頼りないリーダーでごめんなさい(笑)

 

こうやって今までの流れを思い出すと、みんなで頑張ったな〜とシミジミしてしまいます。

 

当日の朝

搬入車両を向かい入れるため、会場一番乗り(7時過ぎ)したアップ君ファミリー。もう最高の天気でホッと一安心↓ 3ヶ月前から、全く信用できない”月間天気予報”見続けてましたからね〜(笑)ちなみに4時半起きでした(笑)

 

そして続々と集まってくるメンバーとボランティアさんたち。そしてテントやステージを乗せた機材が運び込まれました。なんと4トントラック3台!↓

 

有名アーティストのライブか!って思うくらい大がかり。なんかワクワクしますよね!↓

 

こんなトラック見たら、やんちゃ小僧のアップ君のテンション最高潮。誰のかわからないマイトラックを持ってきました

 

自分も4トントラック運転している気分なんでしょうね(笑)↓

 

そんなこんなで会場設営開始です。

 

会場設営の様子

イベント本番では司会をする私。その上がるステージは業者さんが手際よく建ててくれています↓

 

そしてテントは、凄い数のボランティアさんが8時から集まって建ててくれました

 

8時設営スタートで11時完了を予定していたのに、みんなの協力で10時過ぎにはテント&ステージ設営完了!!

 

こうやっていろんな人の力を借りて、どんどんイベントが出来上がっていくんですね〜。

ちなみに子供達は事前に作っていた遊びコーナーで楽しそうに遊んでくれていました。イベントするときは、運営メンバーの子供達が遊べる場所の確保って重要ですよね↓

 

お昼ご飯も買いに行く時間がないだろうということで、まかない班つくって事前に準備したり↓

 

子供達が遊べるフリースペースがあったり。

 

ここだけではなく、ママさんたちのアイデアがふんだんに散りばめられたバディウォーク会場でした。

福岡のバディウォークを立ち上げた時も思いましたが、ママさんのアイデアとバイタリティと人脈は凄すぎます!

 

いよいよバディウォーク関西の開始です!

11時開場・12時受付開始・13時開会式と順に進んでいったバディウォーク関西。

少し早くに来た人たちが設営手伝ってくれたり、子供達見ていてくれたり。もう参加された方々も含めて運営委員会!?って感じの始まりでした。

 

司会の私&SUNくんママの号令でいよいよ開始です。冒頭にも書きましたが、なんと来場者数が2,000人を超えるまさに大盛況!

あまりの人の多さに、アップ君もびっくりですよ↓

 

来賓の挨拶の後、私の念願が叶いました!よかウォーク(福岡のバディウォーク)のメンバーだった頃、ずっと”チアの人たちを呼んでくれ〜!”と訴え続け、実現できなかった積年の思いが、やっと実現です!

京都両洋高等学校の”HERZ(ヘルツ)”の皆さんです↓ ちなみに両脇の紫の二人は、協賛してくれました”エニタイムフィットネス”さんのエニタイムマンとエニタイムウーマンです!

 

みんな圧巻の演技と凄い笑顔で盛り上げてくれました!

ちなみに福岡から駆けつけてくれたよかウォークメンバーから、「アップ君パパのにやけ顔が眼に浮かぶわ!」と言われました(笑)

そしてチアのみなさんからのメッセージを司会の私が代読・・・いや38歳のおっさんが女子高生のメッセージ代読したらあかんやろ〜(笑)

 

そんなチアのみなさんが盛り上げてくれた後、凄く長〜い列のバディウォークがスタートしました。

隊列して歩くのに少し狭いウォークルートがありました。

しかし一般のお客様も、バディウォーク参加された方からも一切クレームもなく、ほっと一安心。みんなの暖かさを感じました!

 

ステージショーにアップ君ノリノリ

ウォークから帰ってきた方々を向かえるように、遊べるブースのオープンとステージショーの開幕です。

ステージショーを披露してくれた4組

大阪チャチャチャバンドさん

鈴木凜太郎さん

あにまるこみゅにけーしょんさん

インスハートさん

しっとり聴かせるステージもあり、元気にみんなで楽しむステージもあり、多くの方が楽しく過ごしてくれました。

 

アップ君なんて砂かぶり席で、ロックフェスなみの盛り上がり(笑)

 

観客席の方向いて、盛り上げたりなんかもしていました↓

 

ステージを彩っていただいたみなさま、ありがとうございました!

アップ君も将来バディウォークでウクレレ披露する!なんてことができれば嬉しいな〜。

 

アップ君を知ってくれている人たち

数えきれないほどの人から”アップ君ですか!?”と声をかけていただけました

司会をしている私も、合間合間に握手を求められ、もう恐縮です(梨元さん風)

 

そしてプレゼントやファンレターなんかもいただけて、一般人の私たちにとって信じられない状況(嬉)

その中で一つ、すごいファンレターをいただけました!

 

 

ファンレターというよりも、アップ君思い出ブックを作ってくれました。しかも手作りで総ページ数15ページ!アップ君の大好きなバイキンマンのチョコレートも添えて。

きちんと本人も全ページを読破し↓

 

大喜びです↓

 

“ダウン症を支えるすべての人に安心と希望をお届けする” こんな想いを持って続けてきた活動が、多くの方に受け入れられているのかな?と少しだけ自信を持てました。

他にも鹿児島から会いにきてくれた方

弟がダウン症(9歳)で、アップ君の大ファンと言ってくれる小学生

孫がダウン症でアップ君ブログに救われたと言ってくれるおばあ様

ダウン症者は周りにいないけど、アップ君のファンと言ってくれる女子高生

授業で使われたアップ君の動画を見てから大ファンですと言ってくれる看護学生
※うちの動画は多くの看護学校で使っていただけています

そしてダウン症を持った親御さんたちからの暖かい感謝の言葉

すごく元気つけられています!私たちアップ君ファミリーは幸せ者です。

 

バディウォーク終了

さて2018年のバディウォークが終了しました。ボランティアの人たちだけでなく、参加してくれた人もみんなで撤収作業をし、一瞬で元どおりの大阪城公園↓

 

暗がりの大阪城がとても美しく見えました。

達成感では言い表せられないほどの気持ちの高ぶりがメンバー全員にあったと思います。バディウォーク関西in大阪は日本全国からしたら小さな活動なのかもしれません。でも全国でバディウォークが開催されれば、きっと大きな影響が出てくると思います!

きっと私たちの活動が少し先の未来を照らしてくれると信じて、これからも様々な活動を続けてまいります。

ぜひこれからも応援よろしくお願いいたします!

ぜひ応援クリックお願いします
ダウン症ブログランキング


Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング

6 件のコメント

  • アップくんファミリー、大阪にきてくれてありがとうございます。今回のバティウォークは、園の父親1日保育で参加できませんでしたが、本当に家族で参加したかったです。これからも我が子たちが住みやすい未来のために私もなにができたらいいなぁと思います。また、いつかお会いできますように✨

    • 園のイベントは重要ですから仕方がないですね
      来年もきっと開催されると思います。場所は関西のどこかになるとは思いますが。その時はぜひ!

      この活動がこの子たちの将来を照らす力となりますように

  • アップくんファミリーの皆様、初めまして。
    たまたまブログを見たら、妹のコメントが…。お世話になっております。
    「こうたの母」には内緒でTシャツを購入し、随分前からドキドキしながら当日を待っておりました。しかし、当日は仕事のため、ウォーキング直後に到着し、Tシャツに着替えるタイミングもありませんでした。
    何かお手伝いをと思い、勝手に「メンバー」に紛れ、終演後のテントの片づけを手伝わせていただきました。(片づけ「メンバー」の写真にも紛れております。(汗))
    また、極度の人見知りの私は、アップ君パパやママに近づくこともできませんでしたが、片づけの際にアップ君ママに声をかけていただき感動しました。(アップ君には、勇気を振り絞って声をかけてみましたが、サッと走り去られてしまいましたが…)
    「会場には本当に笑顔が多かったなぁ~」というのがイベント全体の印象です。
    その裏には、これまでの皆さんの涙や頑張りがあったのだなぁと、感極まってしまう瞬間もありました。
    長文になりましたが、勇気を出して「ひょっこり」参加させていただいて、本当によかったです。参加された皆さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

    • コメントありがとうございます。
      妹と言うことは・・・ダウン症を持った子供のオジ様ってことですね!
      最後のテント片付け手伝っていただきありがとうございます。参加された方全員が実行委員会みたいな感じになって、なんか幸せでした。

      私も人見知りなので気持ちわかります!集団の輪に入るなんて、清水寺から飛び降りる覚悟を持たないと踏み出せない(笑)
      でも私たちなんて一般人ですから、気軽に話しかけてくださいね。話しかけてもらえれば話せるタイプですから

      こうやってダウン症児の親ではなく、ご親族の方にも参加いただけて嬉しく思います。
      これからも障がいを持った人たちが住みやすい世の中になるため活動していきます。ぜひ応援していてください!

  • 祖父母の立場ですが 2018年の9月に 孫が生まれ まだ2ヶ月過ぎていません。ダウン症と診断され 前に向かってます。大阪城公園バディウォークは 祖父母だけ参加。
    当事者家族は 来年になるかと。
    散弾銃で撃たれた衝撃から 一日一歩歩いています。
    祖父母の会があれば セルフヘルプ出来るのにと 思います。

    • コメントありがとうございます!
      祖父母の方々に参加いただき、私たちもとても嬉しく思います。
      ご両親だけではなく、ご家族にも大きな衝撃だった事と思います。私たち親とはまた違った思いを巡らせ、孫だけでなく子供の心配もありますよね。

      子供たちが少しでも住みやすい世の中になるよう、微力ですが活動を続けます。来年はきっと神戸開催になると思いますが、ご家族みんなでお越しください

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です