メガネを新調! ダウン症児にオススメの眼鏡メーカは?補助は?

いよいよメガネを新調します!

成長遅いわ〜と嘆いていますが、だんだん成長していってるんですね。前のメガネが小さくなっていました

 

度数も若干ずれていたので、いよいよ新しいメガネに変えます。

初めてメガネを買った時のブログ
 

 

メガネはね、男をインテリに見せるアイテムなんだよ!しかも取った時のギャップ萌えにも使えるモテアイテムなんだよ。

アップ君パパがモテないのは、視力が2.0でマサイ族と呼ばれていたからなんだよ(笑)

さて今回はどんなメガネにしようかな。処方箋を持ってメガネ屋さんへ行ってきました。

 

メガネの田中へ

バディウォーク 広島を全面的にバックアップし、バディウォーク 関西でももしかしたらお手伝いしてくれるかもしない”メガネの田中”さん。いつもお世話になってます!

 

そんな福祉の気持ちが強いメガネの田中さんは、処方箋を持っていけば処方箋どおりメガネを作ってくれます!

という事で、おっつら電車に乗りメガネの田中芦屋店へ。相変わらずの”歩かんから抱っこしろ”のアピールを無視し続け↓

 

たどり着いたオシャレメガネ屋さん↓

 

こういう小さな物が置いてあるお店は、彼のイタズラ心が一気に向上。この企んでる表情がまた怖い↓

 

いろんなメガネを試着し、”どう?どう?”と聞いてくる。適当に”似合ってるわ〜最高やわ〜”と言っているのですが、全部この掛け方↓

 

ファッションの最先端は、得てして理解されないものなのだよ😊その掛け方を広めてくれ、ファッションリーダー。

 

おすすめキッズフレームのメーカー

メガネの田中芦屋店には子供用矯正メガネに詳しい方がいて、色々と聞いてきました。

子供用のメガネフレームは3つの人気メーカーがあるそうです。

 

オススメ①:増永眼鏡 コーキ

ここは大阪医科大付属病院にもオススメされたメーカー。

耳に掛ける部分も外れにくく、鼻を引っ掛ける部分も鼻の低いダウン症にはよい形状をしています。

 

オススメ②:999.9(フォーナインズ)

耳が痛くならない構造で、頭で引っ掛けるような感じの形状です。

結構オシャレで、矯正用メガネって感じがしないので、親にも受け入れられやすいかも。

 

オススメ③:トマトグラッシーズ

言わずと知れた、ダウン症界では超有名メーカーですね。何を隠そうアップ君の初代メガネもトマトグラッシーズです。

 

直ぐ投げて、直ぐ曲げて、直ぐメガネを壊す子ども達。柔らかいので壊れにくく、交換も簡単なので重宝されているメーカーです。

 

さて、アップ君はどのメガネを注文したでしょうか?それは、実際に手元に届いたらInstagramに着画を出したいと思います。

 

メガネはインテリ?

冒頭にも書きましたが、メガネはインテリを演じる最高のアイテム!かけてるだけで”頭賢そう”率が上昇します。

きっとアップ君も例外じゃない。イタズラ小僧顔のアップ君でも、きっとインテリに変わってくれるはず。

お店にあったメガネをかけた姿がこちら↓

 

 

老眼鏡か!

このフレームは却下です。インテリ通り越して、ご勇退されてしまいました。う〜ん、アップ君はメガネが似合わないのか?

 

メガネの頼み方&補助

ダウン症の子は斜視や乱視など、目に関する悩み事を抱える子が多い。どうやってメガネ作ったらいいの?って方もいると思うので、まとめておきたいと思います。

 

①病院で処方箋をもらう

その子用のレンズを作らないといけないので、処方箋をもらってください。アップ君がもらってきた処方箋がこちら↓

 

自己申告で視力検査をする病院もありますので、気になる方は「目の検査をしてください」と先生に相談してみてください。

 

②メガネ屋さんに処方箋を持っていく

私はメガネの田中に持って行きました。子供用フレームのサンプルも置いていて、丁寧に対応してくれましたよ。

子ども用メガネに強いメガネ屋さんは地場にあると思うので、色々調べてみてください。

 

③発注して1〜2週間後に完成

ここまできたら、あとはメガネを掛けてくれるように親が根気よく掛け続けるしかありません(汗)

 

④補助申請

9歳未満の子どものために作るメガネは、申請するとお金返ってきます!

支給されるお金の正式名称は↓

小児弱視等の治療用眼鏡等に係る療養費の支給

 

上限額38,535円で、自己負担は2割(3割の場合もあり)で、8割は還付されます。3万円以上還付されるって・・・助かる〜!

そして5歳未満は1年に1回、5歳以上9歳未満は2年に1回この支給を受けられますので、このパターンが一番効率的↓

5歳になる直前に作る。2年間使わないと、次の支給を受けられない。

7歳直前で作る、そして9歳直前でつくる。このパターンが一番効率的かと😊

 


さてアップ君も第2形態に進化しました。

このメガネ作成を機に、イヤイヤ期とふてぶてしい期を卒業し、インテリ期に突入してくれないかな〜。

メガネとは視力を矯正するものではない。かっこいい雰囲気を醸し出すものだ!(笑)

ぜひ応援クリックお願いします
ダウン症ブログランキング


Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング

4 件のコメント

  • パパさんのブログは本当に勉強になります✨いつも笑いと知識をありがとうございます❤️これからも応援してますよ~✨

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です