療育手帳2度目の更新!アップ君の判定はいかに?最後衝撃の一言が(涙)

先日5歳になったアップ君。2度目の療育手帳更新というビッグイベントがやってきました。

1歳になった時福岡で取得した療育手帳。B1判定(中度)に凹んだのが昨日のようです。絶対軽度だと思ってたんだけどな〜(親バカ)。

 

さてそんな思い出も4年前。2年前の更新でもB1判定(中度)その時のブログ記事がこちら↓ 興味あったら読み返してやってください。

療育手帳の更新がやってきた!アップ君はA判定となるのか?結果公開

2016.09.04

 

今回の判定はどうなるのかな?いよいよ重度判定をされてしまうのでしょうか(涙)母子で気合い入れて判定に臨みました。アップ君がんばるぞ!

 

療育手帳とは?アップ君の現在の判定は?

療育手帳は障害の程度によって4段階に分かれます。

自治体によって違います。5段階のところもあれば、”愛護手帳” ”みどりの手帳” ”愛の手帳”等々呼び方まで様々。一番多く使われている4段階方式を書きます。

 

 

療育手帳の障害程度

A1(最重度)

A2(重度)

B1(中度)

B2(軽度)

 

現在アップ君はB1判定(中度)の療育手帳を持っています。B2判定(軽度)にはない”自動車税の減免(割引)”があり、2年間大変助かりました。

しかし!A2判定(重度)以上になったら、なんと高速道路半額・特別児童扶養手当の増額というメリットが発生します。

 

じゃあA2判定(重度)になりたいか?

歳を追うごとに、健常児との差がはっきりとしていき、重度判定の可能性が高くなります

たしかに様々なメリットが発生する重度判定ですが、我が子が重度知的障がい者と判定されるのはちょっとショックもあります。なので無理してA2判定(重度)を狙うこともなく、頑張ってB1判定(中度)判定を狙うこともない。純粋にアップ君の状態を見てもらうことにしています。

でも高速代半額はでかいな〜(笑)

 

さて判定へ!

神戸ハーバーランドにある”こども家庭センター”で発達検査を受けてきました。

 

受けた検査は”新型K式発達検査”です。

新型K式発達検査とは?
私の知識では説明不可能!(笑)

かの有名なLITALICOさんの説明ページリンクを貼っておきます。

新型K式発達検査とは?

 

着いて早々連れて行かれたアップ君。福岡の時と違って母子分離での判定でした。妻は別でヒアリングを受けます。

アップ君頑張れよ〜!

 

・・・ってものの20分で帰ってきました。こんな早くて判定できるんかい!?

ドッキドキしながら判定を待つ妻。家にないおもちゃに興味津々のアップ君↓

 

絵本なんてお兄ちゃんぽく読み始めました↓

 

自分の判定されるってわかってるんですかね?いつもできないのにこんな時だけ張り切るお調子乗りいますよね〜。それがアップ君です(汗)

 

判定結果の詳細

この検査では3項目を見ます。

 

①姿勢・運動

アップ君の一番ネックとなっている運動です。あれだけ力も強いし、走り回るのですが、低身長症の彼にとって運動面は一番遅れが出てしまう(涙)

先生の判定でもはっきり言われました。”3項目で一番低く出て、他の2項目にも影響しています”と。

ジャンプができないし、体幹が弱い、歩き方がフラつく等々、弱く出ている部分がたくさんあるようです。

姿勢・運動は1歳8ヶ月と判定されました。・・・くそう・・・めっちゃ悔しい(涙)

 

②言語・社会

アップ君の一番得意分野!言葉と社会(コミュニケーション)です。

先生も”表現豊かで、ボキャブラリーも豊富。コミュニケーション力は抜群ですね”なんて褒められました(嬉)

ただ・・・口の周りの筋肉が弱く、発音が悪いのが気になると言われました。毎日一緒にいる親はなんと言ってるかわかるが、初対面だと聞き取れない。意欲と知識はあるが、伝える手段が弱いと言われてしまいました。

判定は2歳0ヶ月!・・・まあ一長一短ってことですね。

 

③認知

積み木を重ねたり、大きさとか、人の真似をしたり、絵を描いたり。物事を認識する力です。

アップ君の判定は2歳4ヶ月。3つの項目で一番高く出ました!

先生が書く顔とか線とかを真似して書いたり(家ではできない(笑))、積み木や型はめ等。かなり優秀だったみたいですよ。

しかも先生は、アップ君が鍵を開け閉めできることに驚いていました。”手先器用ですね〜”なんて褒めてくれた・・・けど2歳4ヶ月なんかい!(笑)

 

結果発表

さてアップ君の総合評価はどうだったのでしょうか?

「息子さんは2歳を少し超えたぐらいの結果が出ましたので、B1判定(中度)ですね」

・・・えーーーーBですか???

AかBかよくわからない叫びです(笑)5歳のアップ君が2歳と判定されて中度って!凹ませるだけ凹ませて、療育手帳はB1判定。

喜んでいいのか悪いのかよくわからなく感情になりましたよ。まあ重度じゃないと前向きに捉えておきます!

 

衝撃の一言

判定員の方から最後に衝撃の一言を言われてしまいました!これは大問題です。

その一言とは↓

「2歳過ぎの判定なので、もう少ししたらイヤイヤ期がくると思いますよ」

あの・・・すでに相当なイヤイヤ期なのですが(涙)このヤンチャ度はまだまだ続くことを覚悟しました。

 

ご褒美の・・・

慣れない環境でアップ君も疲れたやろうね〜。ということでご褒美の↓

 

ポテトとチキンナゲットさえあれば、一気に元気を取り戻す。ポパイのほうれん草みたいなもんですよ。

 

ちなみに彼はジャンクフードだけじゃなく、白米をこよなく愛していますし、最近は野菜も好き。ブロッコリーとレタスなんてバックバク食べます。

なのに体が小さい。あれだけ食べるのに姿勢・運動が1歳8ヶ月判定・・・もうプロテイン飲ませようかな(笑)ムッキムキにさせてやる〜!

ということで、2度目の療育手帳更新でした。また2年後が楽しみだ!

ぜひ応援クリックお願いします
ダウン症ブログランキング


Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です