きらめきナイトミュージアム 光のイベントをアップ君は楽しめるのか!?

”芦屋”それは全国でも有数の高級住宅街。芦屋の六麓荘町は120坪以下の土地に家を立てられません(驚)

そんな芦屋にある結婚式場”モノリス”で光のイベント”きらめきナイトミュージアム”がありました。

 

しかもフォトコンテストがあり、グランプリの3名には高級エステ券2万円分✨写真好きになって約2年。写真小僧の私は目をキラキラ輝かせます。妻もお姉ちゃんも動画をみて心ワクワク。

 

恐竜も出てこない、ロボットも出てこない、ただキラキラ輝く美しい空間が広がるイベント。さてこのオシャレイベントをアップ君は楽しめるのでしょうか?

 

結婚式場に長蛇の列

少し駅から離れた場所にある結婚式場”芦屋モノリス”。小さな都市にあるちょっとオシャレな結婚式場のイベント。そんなに混むと思います?

「18時から入場できるみたいだから、それぐらいに着けばいいね〜」なんて悠長な事を言いながら到着した私たちを待っていたのがこちら↓

 

まだ入場前なのに、すんごい列なんですよ。ちなみに夜はこの5倍ぐらい並んでいました(>< 恐ろしや高級住宅街芦屋!

そして飛び交う言葉が”インスタ映え”。今の時代、キラキラするイベントは、並ぶの覚悟していかないといけませんな。

Down and UPのインスタグラム
38歳おっさんパパがほぼ毎日更新しています。私ってマメだわ〜(笑)
https://www.instagram.com/down.and.up/

 

ロウソク消し職人

教会の中には、大量のキャンドルに灯された火。そして電飾。それらが不揃いに並べられ、幻想的な空間を演出しています。

私はカメラ小僧を満喫し、お姉ちゃんと妻は綺麗な光にうっとりしてその空間を満喫し、アップ君は・・・ロウソク吹き消すのに必死の形相です。折角の光の祭典から光を奪わんで!

 

彼のロウソク消しに対する情熱は、この動画を見ていただければ分かっていただけると思います↓

 

係りの人に謝りながら彼を確保した時、なんとか抜け出そうとするエビゾリ↓

 

その後もなんとかロウソクに向かおうとするのですが、ここは親の仕事。周りの人たちにご迷惑をおかけしないよう、ガッチリと羽交い締めにし、諦めさせました。

下唇を噛み、悔しく感じながらもじっとロウソクを眺めるアップ君が憎めない↓

 

ロウソクがたくさん出てくるイベントに子供を連れて行くのは大変だと学ばせてもらえました。

 

素敵な結婚式場でのイベントでした!

 

ロウソクコーナーをすぎたら、電飾で彩られた部屋を回るコースに乗りました。

わかってましたよ、わかってましたけどアップ君は一切興味を示さない💦キラキラがきれいな結婚式場なんて、男の子が楽しめるブースなんて全くないですよね。

ずっとママにダッコされてこの表情↓

 

きさまー!俺でもハグされる事ないので、ダッコされてその表情はなんだ!!変われ!って言いたくなりますよ(笑)

もっと綺麗なものを見て、素直に”キレイ”と楽しめる感性を磨いてやりたい。まだまだ先の話だと思いますが、二人で浜辺でサンセット見ながらウクレレ弾いたりして優雅な時間過ごしたいじゃないですか😁

この整頓されていない光のアートに興味を持つ感性は5歳の男の子には早いのか↓

 

ちなみにこの部屋に入ったあとのアップ君の表情はこちら↓

 

びびっとんかい!光の影がお化けにでも見えたんですかね。そういえば自分も小さい頃”菊人形”みてよく泣いてたな〜(笑)

アップ君以外は大満足。アップ君は大不満な”きらめきナイトミュージアム”でした。早くアップ君と二人で、ハワイの浜辺で黄昏たい!そんなシチュエーションを楽しめる子に育てないといけませんね〜。

ぜひ応援クリックお願いします
ダウン症ブログランキング


Down and UP,ダウン症,ブログ,ブログ村,ブログランキング,ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です